ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

緊急事態宣言の終了と秋の再拡大防止特別対策について

   北海道における緊急事態宣言が9月30日をもって終了となりますが、北海道では緊急事態宣言終了後の急激な人流の増加を抑えるため、10月1日から10月31日までの期間において、次のとおり「秋の再拡大防止特別対策」を講じることとなりました。
   町民の皆様におかれましては、長期にわたる対策となり、大きなご負担をおかけしておりますが、感染の再拡大を抑制するために、引き続きご理解とご協力をお願いします。

秋の再拡大防止特別対策(PDF:285KB)

日常生活において

「三つの密(密閉・密集・密接)」、「感染リスクが高まる【5つの場面】(※)」等の回避や、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指消毒」、「換気」をはじめとした基本的な感染防止対策を徹底する。
※飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり

特に外出の際は

混雑している場所や時間を避けて少人数で行動する。
重症化リスクの高い方と接する際は、基本的な感染防止対策を更に徹底する。
感染リスクを回避できない場合、札幌市との不要不急の往来は控える。
感染が拡大しているほかの都府県への不要不急の移動は極力控える。
帰省や旅行・出張などほかの都府県への移動に際しては、基本的な感染防止対策を徹底し、大人数(5人以上)の会食は控える。特にワクチン接種を完了していない方等は、移動の際の体温チェックやPCR検査を受けるなど、体調確認を徹底し、発熱等の症状がある場合は、移動を控える。

特に飲食の際は

感染防止対策が徹底されていない飲食店等の利用を控える。
飲食店等の利用の際には、飲食店等が実施している感染防止対策に協力する。
飲食は4人以内など少人数、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用する。(「黙食~食事は静かに、会話はマスク~」の実践)

来道を検討してる皆様への協力依頼

来道に際しては、基本的な感染防止対策を徹底し、大人数(5人以上)の会食は控える。特にワクチン接種を完了していない方等は、移動の際の体温チェックやPCR検査を受けるなど、体調確認を徹底し、発熱等の症状がある場合は、来道を控える。

お問い合わせ先

総務・防災課
電話 01372-7-2111

新型コロナウイルス関連情報

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで