ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

子宮頸がん予防ワクチン接種について

  平成25年6月14日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が開催され、子宮頸がん予防ワクチンの副反応報告について審議が行われました。この結果、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛(とうつう)が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、副反応の発生頻度がより明らかになるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないよう、厚生労働省から勧告がありました。
  このことにより、鹿部町においても、接種の対象者やその保護者への積極的な勧奨を差し控えています。
  しかし、接種自体は継続して実施していますので、定期接種の対象者(小学校6年から高校1年相当の女子)で、接種を希望される方は、無料で予防接種が受けられます。下記の「子宮頸がん予防ワクチンリーフレット」をよくお読みになり、予防接種の効果や副反応についてご理解のうえ、接種をご検討ください。

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)(PDF:69KB)
子宮頸がん予防ワクチンリーフレット
   「小学校6年から高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ」(PDF:2,412KB)

接種を希望される対象者及び保護者の方へ

こちらのリーフレットをお読みください。
子宮頸がん予防ワクチンを受けるお子様と保護者の方へ(PDF:385KB)

厚生労働省の子宮頸がん予防ワクチン相談窓口

厚生労働省では子宮頸がんワクチン相談窓口を設置しています。
  電話番号:03ー5276ー9337
  受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで(祝日、年末年始は除く)

厚生労働省ホームページ
   ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~

お問い合わせ先

鹿部町子育て世代包括支援センター
電話 01372-7-5291(保健福祉課直通)
受付 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)
   午前8時45分から午後5時30分まで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで