ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

令和2年度季節性インフルエンザワクチン予防接種料金助成について

  インフルエンザワクチンを接種した町民の方に接種料金の助成を行います。手続きは次のとおりとなります。

対象

(1)接種日において満65歳以上の方及び満60歳以上64歳までの方で心臓疾患、腎臓疾患、
        呼吸器疾患等の内部障害で身体障碍者手帳1級をお持ちの方
(2)0歳から高校3年生までの方(平成14年4月2日以降にお生まれの方)
※(1)・(2)の方で町内又は町外の医療機関でインフルエンザワクチンを接種した方

期間

令和2年10月1日から令和3年3月31日までの接種分

助成金額

全額助成
※対象(1)の方については1回のみ、対象(2)の方については2回までの接種を助成対象とします。

手続方法

町内の医療機関で接種を受けられる方
(1)医療機関へのワクチン接種の予約は各自で行ってください。
(2)助成金の手続きなく、無料で接種できます。

町外の医療機関で接種を受けられる方
(1)医療機関へのワクチン接種の予約は各自で行ってください。
        ただし、満65歳以上の方は事前に役場保健福祉課で「接種依頼書」の交付を受けてから
        医療機関で接種を受けてください。
(2)ワクチンの助成金は、手続き後に払戻しとなりますので一度病院の窓口で全額を立替払い
        してください。(接種料金は医療機関により異なります。)病院で支払いをした際にもら
        ったインフルエンザワクチンを接種したことが明記された領収証と印鑑を役場保健福祉課
        に持参してください。(高校3年生までの方で2回接種した方は、2回分の領収証をまと
        めて持参してください。
助成金は口座振込となりますので、その際に預金通帳の口座番号・口座名義人をお知らせください。
  助成金の手続きは、接種後速やかに行ってください。
  助成金手続き締切日:令和3年4月9日(金)まで

その他

  医療機関によっては、予防接種の日時が決まっているところや予約制になっている場合がありますので、受診をする前に各自で確認してください。


季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い

  新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、今シーズンのインフルエンザワクチンの需要高まる可能性があります。ワクチン接種をより必要とされている方に確実に届くように、また、優先的な接種対象のうち希望する方が接種の機会を逸することの内容ご協力をお願いします。

原則として

  予防接種法に基づく定期接種対象者(65歳以上の方等)の方々でインフルエンザワクチンの接種を希望される方が10月1日から接種を行い、それ以外の方は10月26日(月)まで接種をお待ちいただくようお願いします。
  なお、接種開始日は医療機関により異なりますので、ご注意ください。

10月26日以降は

  特に医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する方、妊婦、乳幼児(生後6か月以上)から小学校低学年(1・2年生)の方々で、インフルエンザワクチンの接種を希望される方に対して、接種が可能となります。
  なお、これ以外の方々についても、10月26日(月)以降は接種をお待ちいただく必要はありません。


インフルエンザワクチン予防接種時の皆さまへお願い

 感染症の基本である①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いの徹底もお願いします。
 接種にあたっては、あらかじめ医療機関にお電話での予約をお願いします。
 インフルエンザワクチンは重症化予防などの効果がある一方で、発病を必ず防ぐわけではなく、
     接種時の体調などによって副作用が生じる場合があります。医師と相談のうえ、接種していただ
     くとともに、接種後に体調に異変が生じた場合は医療機関にご相談いただくようお願いします。
 お示しした日程はあくまでも目安であり、前後があっても接種を妨げるものではありません。


発熱などの症状で医療機関を受診する場合の皆さまへのお願い

  発熱している場合に医療機関を受診する際は、事前にかかりつけ医等の医療機関に電話連絡し、受診の仕方等を相談してから受診するようご協力をお願いします。

お問い合わせ先

保健福祉課
電話 01372-7-5291

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで