ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

マイナンバーカードに旧姓(旧氏)の併記ができます。

 
 
 
 
 
 
 
   令和元年11月5日から住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)の記載ができるようになりました。マイナンバーカードは、住民票と同じ内容が券面に記載されますので、住民票に旧姓(旧氏)記載した後に、マイナンバーカード申請を行うと、マイナンバーカードに旧姓(旧氏)が記載されます。

 

 

  

 

 

  

すでにマイナンバーカードをお持ちの方は、追記欄に旧姓が追記されます。

 

 

これにより婚姻等で氏(うじ)に変更があった場合でも、従来称してきた氏をマイナンバーカード等に併記し、公証することができるようになるため、旧氏を契約など様々な場面で活用することや、就職や職場等での身分証明に資することができるものと考えています。

 

 

 

 

 

     旧姓(旧氏)を併記させるための手続

 

    旧姓が記載された戸籍謄本等を用意

 

  用意した戸籍謄本等とマイナンバーカード(又は通知カード)を持って、現在お住まいの市区町村の窓口へ

 

 

旧姓併記に関するリーフレット

 

下記からダウンロードすることができます。

 

旧姓併記に関するリーフレット(おもて面)のダウンロード(PDF 形式:919KB

 

旧姓併記に関するリーフレット(うら面)のダウンロード(PDF 形式:440KB

お問い合わせ先

民生課
電話 01372-7-5290

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで