ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

鹿部町認知症サポーター養成出前講座の実施

 《認知症サポーターとは
  認知症サポーターは、何か特別なことをする人ではありません。
  認知症についての正しい知識を身につけ、自分のできる範囲で、認知症の人やその家族を温かく見守り、支援する応援者のことです。
 
 町では、認知症になっても、住み慣れた町で穏やかに暮らしていくために、認知症サポーター養成講座を開催し、地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。
 次のとおり、認知症サポーター養成出前講座も実施していますので、ぜひご利用ください。
 
 講  師  キャラバンメイト(認知症サポーター養成講座の講師として養成研修を受講した者)
 対  象  町内会など5名以上のグループに実施します。
        ※ご近所ご友人同士の集まりや職場の仲間同士なども対象となります。(職場内研修などにご活用ください。)
        ※開催場所は、職場の会議室やコミュニティカフェなど、どこでも実施します。
 講座内容  認知症の基礎知識や認知症の方への接し方などについて学ぶ1時間30分程度の講座です。この講座を受講することで、認知症サポーターになることができます。受講後には、認知症サポーターの証として「オレンジリング」をお渡しします。
 費  用  無料
 日  時  月曜日から金曜日までの8時45分~午後5時30分
        ※講師(キャラバンメイト)の都合がつけば、上記以外の曜日や時間でも対応します。申し込みの際にお尋ねください。
 申込方法  鹿部町地域包括支援センターへ電話などでお申し込みください。
 
【当町の認知症サポーター数(受講者数)】
  142名(令和元年9月30日現在)

お問い合わせ先

鹿部町地域包括支援センター(役場保健福祉課内 ℡:01372‐7‐5291)

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで