ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

7月17日は「北海道みんなの日」です!

  1869年(明治2年)、北海道の名付け親とされる松浦武四郎が、明治政府に「北加伊道」という名称を提案した”7月17日”は、「北海道みんなの日(愛称:道みんの日)」です。
  北海道に暮らす皆さんが、本道のこれまでの歴史や文化、風土を見つめ直し、価値を再認識し、一体となってより豊かな北海道を築いていくこと、また、道外から訪れる方、本道にゆかりのある方に北海道の魅力を発信する機会となることを目的に制定されたものです。

■松浦武四郎とは・・・
江戸時代の終わりから明治にかけて活躍した探検家で、6度に渡る蝦夷地(北海道)の探査を通じて、アイヌの人々とも交流を深め、詳細な記録を数多く残しました。
蝦夷地に詳しい第一人者として、明治政府の一員となり、1869年(明治2年)7月17日、蝦夷地に代わる新たな名称として「北加伊道」という名称を提案しました。
 

お問い合わせ先

企画振興課
電話 01372-7-5297

お知らせ

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで