ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

「しかべ間歇泉」が北海道遺産に選定!

鹿部町のシンボルである「しかべ間歇泉」が平成30年11月1日に北海道遺産協議会において北海道遺産選定されました。
北海道遺産の選定により、鹿部町の宝物である「しかべ間歇泉」が北海道の宝物になります!


 


  
                              
 

1 北海道遺産とは?

 北海道遺産は、次の世代に引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたものです。これまで、平成13年10月に25件、平成16年10月に27件が北海道民の宝物として北海道遺産に選定されています。

 →主な北海道遺産として、「アイヌ文様」、「ジンギスカン」、「姥神大神宮渡御祭と江差追分」などがあります

 →北海道遺産の詳細については、「北海道遺産公式ホームページ」をご覧ください

2 今後の「しかべ間歇泉」は?

 北海道遺産となった「しかべ間歇泉」は、道の駅しかべ間歇泉公園運営協議会を主軸に地域住民と連携し、地域の誇りとしてあり続けるための管理保全や歴史伝承、観光拠点としての活用を推進するほか、道内市町村と連携した取組みを検討し、鹿部町と北海道全体の活性化につなげていきます。


3 北海道遺産選定記念イベントを開催

 平成30年11月25日(日)の「しかべ間歇泉わくわくサンデー!!」において、『北海道遺産選定記念イベント』を同時開催しますので、ぜひお越しください。


 →「しかべ間歇泉わくわくサンデー!!」の詳細については、「道の駅しかべ間歇泉公園(℡:01372-7-5655)」へお問い合わせください

 

お問い合わせ先

企画振興課
電話 01372-7-5297

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで