ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

平成30年度からの介護保険料について

  介護保険料は、介護サービスに係る費用の見込額や65歳以上の方の見込人数などに応じて3年ごとに見直されます。鹿部町では平成27年度に保険料の改定をしましたが、平成30年度は保険料の改定は行わず、保険料の基準額(月額)を4,800円に据え置きします。 保険料は介護保険制度を運営していくための大切な財源です。介護が必要になったとき安心してサービスが利用できるよう保険料の納付にご理解とご協力をお願いします。


■平成30年度から平成32年度までの介護保険料


  分 対    象    者 保険料率 保険料年額
第1段階 生活保護を受けている方。老齢福祉年金受給者又は世帯全員が町民税非課税の方で本人の合計所得+課税年金収入が80万円以下の方
※1
 0.45
25,920円
第2段階 世帯全員が町民税非課税で、本人の合計所得+課税年金収入が80万円以上120万円以下の方 0.75 43,200円
第3段階 世帯全員が町民税非課税で、本人の合計所得+課税年金収入が120万円を超える方 0.75 43,200円
第4段階 本人が町民税非課税及び他の世帯員が課税対象で、本人の合計所得+課税年金収入が80万円以下の方 0.90 51,840円
第5段階 本人が町民税非課税及び他の世帯員が課税対象で、本人の合計所得+課税年金収入額が80万円を超える方 基準額
1.00
(月額4,800円)
57,600円
第6段階 本人が町民税課税対象で、合計所得が120万円未満の方 1.20 69,120円
第7段階 本人が町民税課税対象で、合計所得が120万円以上200万円未満の方 1.30 74,880円
第8段階 本人が町民税課税対象で、合計所得が200万円以上300万円未満の方 1.50 86,400円
第9段階
本人が町民税課税対象で、合計所得が300万円以上の方
1.70 97,920円
 ※1 介護保険制度の改正を受け、公費の投入により、第1段階の保険料負担の軽減を行います。
    (保険料率0.5→0.45)


 介護保険料は、被保険者及びその世帯員の前年の所得状況(課税状況)によって、所得段階を区分します。平成30年度の介護保険料の所得段階は、6月に確定した本人や世帯の平成30年度町民税の課税状況(平成29年中の所得)などを基に算定します。



■65歳以上の方の保険料の算出方法について 

 次のとおり介護保険料基準額(一人あたりの平均的な保険料)を算出し、これを基に所得段階ごとの保険料が決定します。


(1)今後3年間で必要な介護サービスにかかる総費用を推計します
 全国的に介護サービスにかかる費用(介護給付費)は年々増加し、鹿部町においても増加しています。今後3年間についても、高齢化に伴う介護サービス利用者(要介護等認定者)の増加などにより、さらに増加していくことが見込まれます。



 
(2)65歳以上の方の負担は23%となります
 介護サービスのかかる費用の負担割合は下図のとおりです。
65歳以上の方の負担分は23%となっており、この23%分を保険料として納めていただくことになります。

■介護サービスに係る費用(介護給付金)の負担割合
  介護保険料(50%) 公費分(50%)
負担区分 40歳以上
65歳未満
65歳以上 鹿部町 北海道
定率分 調整交付金
負担割合 27% 23% 12.5% 12.5% 20% 5%


(3)65歳以上の方の人数で割ります
 介護サービスにかかる費用の23%を、今後3年間の65歳以上の方の見込人数で割ります。これにより介護保険料基準額が算出されます。


算出した介護保険料基準額(年額)は、57,600円となります。

 

※平成30年度の介護保険料の通知は平成30年7月中旬に送付します。
※ただし、特別徴収(年金天引き)により保険料を納めている方は、平成30年4月中旬に平成30年6月と平成30年8月支給の年金における特別徴収額をお知らせします。    

               

 
 








お問い合わせ先

保健福祉課
電話 01372-7-5291

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで