ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

定住自立圏形成協定の締結について

1 定住自立圏構想とは

 定住自立圏構想とは、地方圏において安心して暮らせる地域を形成し、地方圏からの人口流出を食い止めるとともに、都市圏の住民にもそれぞれのライフステージやライフスタイルに応じた居住の選択肢を提供し、地方圏への人の流れの創出することが求められています。
 主体的取組として、人口が5万人程度以上など一定の条件を満たす中心市と周辺市町村が1対1の定住自立圏形成協定を締結し、連携・役割分担をしながら生活機能を整備して、圏域全体で必要な生活機能を確保し、地方圏への定住を促進する政策です。


 ※外部リンク:総務省ホームページ(定住自立圏構想)

2 定住自立圏形成協定の締結 

 鹿部町を含む渡島・檜山の17市町と、中心市となる函館市は、平成26年3月の各市町議会に議案を提出し、すべての議会で原案どおり議決されました。
 これを受け、平成26年3月27日(木)に函館市内「ロワジールホテル函館」において定住自立圏形成協定合同署名式を開催し、2市15町が一堂に会し協定を締結しました。
・中心市  :函館市
・周辺市町:鹿部町、北斗市、松前町、福島町、知内町、木古内町、七飯町
        森町、八雲町、長万部町、江差町、上ノ国町、厚沢部町、乙部町
        奥尻町、今金町、せたな町

 

 函館市・鹿部町定住自立圏の形成に関する協定書(PDF形式:283KB)



 また、鹿部町を含む渡島・檜山の17市町は,中心市となる函館市との連携する施策を追加するため,定住自立圏形成協定の一部を変更する協定案を各市町議会平成30年第4回定例会に提出し,すべての議会で原案どおり可決されましたことから、平成30年12月25日に変更協定を締結しました。

 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定書(PDF形式:225KB)


 

3 連携する取組(一部変更後)

1 医療
 ・ 広域救急医療体制の充実
 ・ 医療従事者の確保・養成
2 産業振興
 ・ 広域観光の推進
 ・ 滞在型観光の促進
 ・ 地場産業の育成
3 地域公共交通
 ・ 圏域内における公共交通手段の維持および確保等
4 道路等の交通インフラの整備
 ・ 圏域内における交通ネットワークの形成
5 地域内外の住民との交流・移住促進
 ・ 圏域における国際化の推進
6 人材育成等
 ・ 職員等の合同研修等の実施

お問い合わせ先

企画振興課
電話 01372-7-5297

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで