ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

~犬の飼い主の方へ~

1 集合狂犬病予防注射を行います
 生後3か月以上の犬の飼い主は、狂犬病予防注射を年1回受けさせることが義務づけられています。
飼い主の皆さんは、集合注射又は動物病院で受けるようにしてください。
  飼い犬を登録されている方には集合注射の案内を5月初め頃に送付しますので、集合注射で受ける場合にはこの通知を必ずご持参ください。まだ登録されていない方については、注射を受ける前に役場民生課において事前に登録してください。(登録料3,000円)
  〇実施日〇
 ①平成28年5月13日(金)
    9:10~9:40 ロイヤルホテル前   9:50~10:05 出来澗会館前 10:15~10:30 本別団地横広場 
  10:40~10:55 本別中央会館前  11:05~11:20 宝光寺前    11:30~11:50 総合体育館前
  12:00~12:30 役場前        13:40~14:00 商工会前    14:10~14:25 やぶ政前   
    14:35~14:50 間歇泉公園山側駐車場(リハビリ野球場跡地)
  15:00~15:15 大岩生活改善センター跡地
 
②平成28年5月29日(日)
  10:00~11:00 役場前
  ※11時以降、戸別(訪問)注射を実施します。希望される方は役場民生課へご連絡ください。
(戸別注射の場合、注射手数料は4,000円となります。)
 〇手数料〇
3,110円(注射料:2,560円 注射済票交付手数料:550円) 
※動物病院で注射を受けた方(受ける方)は、病院から交付される「狂犬病予防注射済証」を役場民生課にお持ちください。注射済票を交付します。(交付手数料550円)


2 犬の放し飼い・ノーリードの散歩はやめましょう
 飼い主にとってはかわいい飼い犬でも、犬の苦手な方や小さな子どもから見れば、それがどんなに小さな犬でも「こわい」と感じることがあります。
 また、普段はおとなしい犬でも何かの拍子で吠えたり、人を追いかけたり、咬んだりすることや、道路に飛び出しひかれてしまうおそれがあります。
 屋外で犬を飼う場合には、丈夫なクサリなどでつなぐようにし、散歩させる際には必ずリード等でつなぎ、何かあった場合でも飼い主がすぐコントロールできるようにしましょう。また、公園等の公共の場所や空き地等であってもリードを外して遊ばせることは絶対にやめましょう。


3 犬のふんはきちんと処理しましょう
 飼い犬のふんをそのまま放置しているとの苦情が多く寄せられています。
 犬のふんを放置して散歩させることは、マナーを守っている飼い主や周辺住民が大変迷惑を被りますので絶対にやめてください。犬を散歩させるときには、必ずポリ袋やスコップなどの回収用具を持ち、ふんを持ち帰るようにしましょう。
 マナーを守ってみんなできれいな町にしましょう。

お問い合わせ先

民生課
電話 01372-7-5290

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで