ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

火山のあゆみ

ここでは、駒ケ岳(こまがたけ)が今(いま)の形(かたち)になるまでのあゆみを見てみよう。
図1 1
富士山(ふじさん)のような高さが1,700メートルの山(やま)だったようです。
図2 2
山(やま)の山頂(さんちょう)がくずれて、川(かわ)を せきとめて、沼(ぬま)のようになりました。
図3 3
なんかいもの噴火(ふんか)で大沼(おおぬま)、小沼(こぬま)などの、もとの形(かたち)ができました。
図4 4
寛永(かんえい)17年(1640年)山(やま)の山頂(さんちょう)がくずれ海(うみになだれこみ、大(おお)きなツナミがおきました。

写真:駒ケ岳

駒ケ岳(こまがたけ)は、おおきな噴火(ふんか)やちいさな噴火(ふんか)を何度(なんど)もくりかえし、 今(いま)の駒ケ岳(こまがたけ)の形(かたち)になりました。

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで