ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

火山災害の種類

火山(かざん)の災害(さいがい)」について

火山の噴火ででるものは高温であったり、高速で流れひろがったり するために災害をもたらすことがあります。 しかもマグマの性質がいろいろなため、噴火の起こり方や噴火で でるものの種類もおおく、それに伴う災害もさまざまです。 しかしそれぞれの火山について見ると、マグマの性質はかなり 限られていることから、それぞれの火山で起こる災害もちがいます。 そこで、それぞれの火山で過去にどの様な噴火をしたかを 調べるということは、将来起こる災害を予測する手がかりとなります。

火山災害(かざんさいがい)の分類(ぶんるい)

主な火山噴出物とそれに伴う災害を見てみましょう。
火山災害をもたらす噴火現象と噴出物 火山活動に伴う二次的な災害
  • 火砕流・火砕サージ
  • 火山体崩壊・岩屑なだれ
  • 降下火砕物
  • 噴石・火山弾
  • 溶岩流
  • マグマ水蒸気爆発・ベースサージ
  • 火山泥流・土石流
  • 地震による崖崩れ・落石
  • 地殻変動
  • 火山ガス
  • 津波

主な(おもな)災害(さいがい)のいろいろ

溶岩流(ようがんりゅう)●1983年三宅島(みやけじま)
高温ですが、多くの場合流れくだる速さがおそく、ひくい方に向かって流れるので巻き込まれて命を落とす可能性は少ないのです。
しかし、農地が埋められたり、建物が焼け落ちたりという被害が出ることがあります。
火砕流(かさいりゅう)●1993年雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)
雲仙普賢岳の噴火でひんぱんに発生して良く知られるようになりました。高温で流れくだる速さが速いので大変に危険です。しかも、溶岩ドームに関係なく発生することがあります。駒ケ岳のむかしの大噴火がそうでした。
写真提供:長崎フォトサービス
火山泥流(かざんでいりゅう)土石流(どせきりゅう)●1991年雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)
冬、雪が積もった火山で噴火が始まると、噴出物の熱で雪が急速に溶け出して、火山噴出物や川の石などを巻き込んだ破壊力の大きな流れになります。噴火によって地表に積もった火山灰が大雨で流されて泥流となることもあります。発生したら川沿いから高台に避難する必要があります。
写真提供:北海道大学大学院 宇井忠英教授
マグマ水蒸気爆発(すいじょうきばくはつ)●1965年フィリピン タール火山
浅い水底や湖岸・海岸近くに地底からマグマが上昇してくると、マグマが直接水に接触してはげしい爆発をします。その結果高速の砂嵐が周囲に吹き付けて樹木や建造物を破壊します。もちろんその場に居たら助かりません。もしもこのような噴火のきざしがあれば、急いでその地域から脱出しなければなりません。
写真提供:Fisher,Heiken and Hulen :Volcanoes Crucibles of Chauge,1997より
噴石(ふんせき) ●2000年有珠山(うすざん)
噴火の勢いが激しいと火口のまわりの岩石をはねとばすことがあります。これを噴石といいます。噴火中は、噴石の出るおそれがありますから、火口に近づくことは非常に危険です。洞爺湖幼稚園のホールの降石による惨状(噴石被害)
もし、ここに幼稚園児がいたら・・・・。
写真提供:昭和新山三松正夫記念館三松三郎館長
国道ルート230●2000年有珠山(うすざん)
温泉市街地と虻田本町を結ぶ道路、もし噴火後の避難であったら。
巨大な噴石がアスファルトの路面にメリ込んでいる。
写真提供:昭和新山 三松正夫記念館 三松三朗館長
地殻変動(ちかくへんどう)●2000年有珠山(うすざん)
マグマが火山体の中に上昇してくることによって、火山やその周辺の地盤が徐々に持ち上がったり、ずれ動いたりすることがあります。
その結果建物が破壊されてしまいます。N火口群近くの某菓子工場の被害。
写真提供:昭和新山 三松正夫記念館 三松三朗館長

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで