ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

介護保険料について

   高齢化が急速に進んでいく中で、高齢者の介護の問題は、高齢期の最大の不安要因となっています。『介護保険制度』は、介護という問題を社会全体で支え、介護が必要となった場合でも、安心して暮らすことかできる社会を目指しています。
 みなさんの保険料は介護サービス費用の保険給付分に充てられる大切な財源です。介護が必要となったときに誰もが安心してサービスを受けられるよう社会全体で介護保険制度を支えていきましょう。みなさんのご理解とご協力をお願いいたします。
〇納めていただく介護保険料
  65歳以上の人の保険料(第1号被保険者)
  65歳以上の方の保険料は6つの段階に分かれていて、基準日(4月1日または資格取得日)現在の世帯と町民税課税の有無などをもとに、その方の段階が決まります。
区  分 対    象    者 年額保険料
第1段階 生活保護を受けている方または老齢福祉年金受給者で世帯全員が町民税非課税の方 28,200円
第2段階 世帯全員が町民税非課税者で、本人の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の方 28,200円
第3段階 世帯全員が町民税非課税で、本人の合計所得金額+課税年金収入額が80万円を超える方 42,300円
第4段階 本人が町民税非課税及び他の世帯員が課税で、本人の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の方 49,300円
第5段階 本人が町民税非課税及び他の世帯員が課税で、本人の合計所得金額+課税年金収入額が80万円を超える方 56,400円
第6段階 本人が町民税課税で、本人の合計所得金額が200万円未満の方 70,500円
第7段階 本人が町民税課税で、本人の合計所得金額が200万円以上の方 84,600円


〇介護保険料の納め方
  介護保険料の納付には特別徴収と普通徴収の2つの方法があります。

 ◇特別徴収(年金天引き)
   社会保険庁などの年金支払者が、年金を口座に振込む前に保険料を差引きます。原則として、1年間に受給する年金額が、1年金あたり18万円以上の方がこの方法になります。年6回の年金支給時に特別徴収します。ただし、年金額が18万円以上あっても特別徴収にならない場合があります。

 ◇普通徴収(窓口納付・口座振替)
   特別徴収以外の方はすべてこの方法となります。
 介護保険料納入通知書により、金融機関などの窓口で納付します。納入通知書を受け取った方は、納期内に納付されますようお願いします。
なお、次の場合、普通徴収になります。
 ・受給している年金額が年額18万円未満の方
 ・年金の支払いが停止された方
 ・前年度、今年度の途中で65歳になった方
 ・前年度、今年度の途中で当町に転入した方
 ・特別徴収の方が、年度途中で介護保険料の更正により減額されたとき
  ※増減された場合:追加分が普通徴収となります。
 ・当該年度の初日時点で年金を受給していない方(年金受給者名簿に記載のない方)
  ★☆ 特別徴収と普通徴収を併用することがありますので、ご留意ください。 ☆★

●介護保険料納入通知書とは?
   40歳から65歳未満の方は、介護保険料を医療保険料と一緒に納付していただいておりますが、65歳以上の方は年金から天引きされる方とそのまま納入通知書で納める方とに分かれます。納入通知書は、年金受給者で年金から天引きされるまでの一定期間及び無年金者、年金額が月額15,000円以下の方に金融機関などの窓口で納めていただくよう通知しております。

ま介護保険料の平準化について・・・特別徴収(年金天引き)の方へ
   介護保険制度上、社会保険庁等から年金天引きされる額を変更する時期が限定されていましたが、平成18年度の制度改正により、変更時期が大幅に改善されたことから、以前より要望がありました「年金天引き額の同額」を対応しています。具体的には、6月と8月に年金天引きされる額を調整しますが、調整した場合でも、しない場合でも、当該年度に年金天引きされる保険料の総額は変わりません。

〇介護保険料を滞納すると・・・
   特別な事情がないのに介護保険料を滞納していると、次のような措置をとられます。
介護費用をいったん全額自己負担していただき、申請により後から給付分(9割)が支払われます。
一時的に保険給付が差し止めになります。
介護サービスを利用する時に、未納期間に応じた期間、保険給付が9割から7割に引き下げられるとともに高額介護(居宅支援)サービス費が支払われません。
地方税に準じた滞納処分があります。
特殊な事情
 第1号被保険者又は、その属する世帯の生計を主として維持する者(生計中心者)が、震災、風水害、火災に類する災害により、身体、住宅、家財に著しい損害を受けたとき、又は、生計中心者の収入が著しく減少したとき

お問い合わせ先

保健福祉課
電話 01372-7-5291

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで