ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

しかべ間歇泉公園

 駒ヶ岳のふもと、海と温泉のまち 鹿部の観光
駒ヶ岳のふもと、海と温泉のまち 鹿部の観光
見て、学んで、肌で感じてください。しかべ間歇泉公園

写真:鹿部町の温泉  全国でも大変珍しい「しかべ間歇泉公園」をご存知ですか?
約10分間隔で温泉が空高く(15メートルほど)噴き上げます。
鹿部町は、噴火湾や太平洋という海の幸に恵まれた漁業のまちであるだけでなく、泉源が30箇所以上もある道南有数の「温泉のまち」でもあります。
この「しかべ間歇泉」と、間歇泉に親しんでもらうため平成11年4月にオープンした 「しかべ間歇泉公園」をご紹介します!カールス君

間歇泉(かんけつせん)って何?
間歇泉とは周期的に地面から噴き出す温泉のことです。
鹿部町の間歇泉は大正13年に温泉を掘っているときに偶然見つかった、日本でも大変珍しいものです。
間歇泉のしくみ
日本の間歇泉・世界の間歇泉の紹介や、
間歇泉のメカニズムをご紹介します。
間歇泉の仕組み
 

施設紹介
足湯
写真:足湯写真:足湯
和風石庭の趣きの公園内は気持ちのいい散策路となります。ゆったり腰を落ち着けたくなったら、間歇泉の温泉を利用した足湯をどうぞ。神経痛や冷え性ほかに効能ある、ホンモノの温泉です。
集いの館
写真:集いの館 公園入り口すぐは「集いの館」。間歇泉の見える休憩室では、間歇泉だけではない、魅力にあふれた鹿部町のこともしっかり知っていただきます。もちろん鹿部町周辺の観光案内なども展開し、広域観光の拠点のひとつとして機能しています。
眺望の館
写真:眺望の館 間歇泉を包んで建つ「眺望の館」2階では、吹き上げる泉を上からリアルにのぞけます。道路側にオープンな設計ですから、秀峰駒ケ岳の姿や噴火湾越しの羊蹄山などはるか眺望も楽しめます。「眺望の館」1階は通称「洞窟の道」。目前に飛び出す間歇泉を浴びるように眺められます。また、パネルやビデオで間歇泉の秘密も学習いただけます。
 学習施設としてもご利用ください。
体の不自由な方でも介護者が付いていればだれでも見ることができるよう、スロープなども設置してあります。

DATA
所在地
北海道茅部郡鹿部町字鹿部18番地の1
入園料
大人 300円 小人 200円(小中学生)
開園時間
夏期 8時30分~18時00分(4月~9月)
冬期 9時00分~17時00分(10月~3月)
休園日
10月~3月期間中は毎月第4月曜日(祝日が月曜日にあたるときは翌々日)
年末年始(12月31日から1月5日)
お問い合せ先
間歇泉公園(01372-7-5655)
鹿部町役場(01372-7-2111)

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで